ソフト テニス Feed

2020年8月 9日 (日)

これが自民党政権の成果?

テニス仲間の若い人で

Mご夫婦は上海に赴任中

子供達は祖父達と共に学校の関係で岡山で・・

コロナ騒動でこのところ帰岡されてませんが

かなり詳しく上海情報を聴くことができます

日本にいた時より

より豊かで充実したソフトテニスを楽しんでいるそうです

日本ではこの30年程の間に

社会人スポーツを育てる環境が殆ど失われました

当時テニスコートは大概の官庁・企業に必ずあり

勤務前・昼休み・勤務後に汗を流す姿を

どこにでもみかけたものです

70歳以上のテニス仲間は

私を含め

40代の其のころ初めてラケットを握った

方々も多いのです

今の40代はそれどころじゃない・・・

これが自民党政権の成果?なら寂しすぎませんか・・

2020年7月 3日 (金)

元気だぜ

高松城の水攻めで名高い

岡山市の高松です

これまた古代朝鮮式山城でもおなじみ鬼の城があります

その名を冠した鬼の城クラブという

ソフトテニスクラブ(シニアの部)に招かれました

梅雨の晴れ間の2日午前の半日

お蔭さまで親善試合ながら

実に気持ちの良い汗を流すことが出来ました

今回の最若手は62歳で最長老は82歳ですか・・・

手入れの行き届いた素晴らしいコートに恵まれ

皆さん健康な日々を送っておいでです

皆さんお世話になりました

又お会い致しましょう

Photo

2020年6月25日 (木)

魅力

兄弟して又上松選手を加えて

頼もしい限りです

彼らのプレイを観てると

本当に魅力的・・軟式は奥深い・・との

想いがいたします

2020年3月10日 (火)

焼酎は効く?

75歳を迎えようとする

私が最若手という情けないソフトテニスクラブです

ついに3月末を持って活動を停止しようという事に・・

ジュニアの育成に尽力しているクラブは

お子さんに関係する父兄達から

ソフトテニスに興味を持つ方も稀に出てきますね

終焉を迎えるクラブは他にも聞き及びます

さて若手のお話

毎年名古屋で開催される高校ソフトテニスの選抜

妻の母校の岡山南も久方の出場権も幻となりました

三重で中学校党道府県対抗戦も中止も残念です

他の種目でも春の選抜大会出場権を得た学生さん

悔しいですね・・

私も

ウィルスに負けないように

焼酎でのうがいは毎夕鋭意努力中です

2020年1月11日 (土)

やがて寂しき

いよいよ後期高齢ゾーンに突入です

こうなれば新年会も趣味の範囲に限定されてます

新年会の席上で

年末まであれ程元気だった会員の訃報を

聞かされても平常心?

そういう事もあるよね・・・順番無いから・・・等と

受け入れざるを得ない年代での集まりであります

負けん気が強くまた努力するご婦人でした・・

ご冥福を

2019年9月15日 (日)

上松選手おめでとうございます

ソフトテニス全日本シニアの55歳ダブルスでは

上松明裕・橋本康徳選手が優勝でした。

おめでとうございます。

ちなみに

上松氏の父上とはテニス仲間で先輩になります。

86歳の父上も両股関節を人工に手術され、

見事にテニスを楽しむまでに復活された怪物です。

2019年8月 2日 (金)

お前が今のグランドに立ってから云え・・・

本当に37度になりましたね・・岡山・・

74歳の私が最若手と呼ばれる・・じり貧テニスクラブです。

それでも本日参加者10名・・・・

世間の眼を気にしない鈍感者ばかしであります。

ともすれば

何でもなくとも日常的に朦朧状態の我々ですから、

猛暑も不感症気味なんです。

でも流石に・・

「救急車を呼んだりしたら非国民・・村八分になるぞ」

「今日は午前中で終わろう」で

一致いたしました。

「張本・・・登板させるべきじゃったとか

・・お前が今のグランドに立ってから云え・・・」

広島ファンの80歳のNさんが毒づいてました。

2019年7月16日 (火)

若人

岡山では

今日久方ぶりに朝方から、

蝉が元気に鳴いています。

全英でジュニア優勝者が

望月選手だったことは

大きな出来事でしたね。

今後のご活躍を期待したいです。

https://twitter.com/tennis365/status/1150753496054083585?s=20

https://twitter.com/ShintaroMOCHIZU/status/1150573969751379968?s=20

2019年7月15日 (月)

これぞ決勝・・

全英オープン男子シングルス

決勝は大変なゲームでした。

フルセットで最終セットは12対12で

タイブレークという・・

3度のタイブレークを3回とも制したジョコビッチの優勝でした。


5時間近いのに観客の興奮は一時も醒めることなく、

研ぎ澄まされた集中力と

高度なプレイに魅了され続けましたね。


37歳のフェデラーが10歳の歳の差をものともしなかったのには、

日頃の鍛錬は如何ばかりかと敬意を覚えます。

素晴らしいものを魅せてもらいました。

2019年7月13日 (土)

堪能テニス

まさに生きている

レジェンド対決でしたね。

ナダル対フェデラーの

全英セミファイナルゲームは濃密でした。

シングルテニスのエッセンスに満たされ

堪能させていただけました。

我らの錦織と大坂が

いつかセンターコートで

テニスファンを

惹きつけるであろう時が待たれます。