その他 Feed

2020年1月22日 (水)

証言

本当に戦争を知らない人ばかしです

戦争の現実も無かった事にしたい

改竄したい勢力には

時節到来なんです

私達は知らねばなりません

2020年1月19日 (日)

うーん

うーん

濃厚接触はご遠慮申し上げたいような・・・

あっ・・お呼びでない・・・

2020年1月12日 (日)

香港みて日本を想う?

権益を守りたい人々は

なんでも画策します

明治維新以後

李氏血族ともいわれる

上級国民という種族が日本を牛耳ってきたのだとか・・・

安倍さんが退陣しても

同じ穴のムジナが這い出すのを

防ぎたいものです

2020年1月10日 (金)

君子の逃げ足

イランからの石油はいらんといいつつ

石油確保の為に他国の庭に

入り込む・・・

アブネー

「君子危きに近寄らず」だけは自覚されてる総理です

でも

君らは君子じゃない・・・行け!進め!

・・・

えっ行くことにした???

聞け!アメリカの若きイラク帰還兵の魂の叫びを!: のら猫 寛兵衛
この若きイラク帰還兵は、2010年12月、ホワイトハウス前で逮捕された。 他の130人の帰還兵の前で演説をしていた。 陸軍、海兵隊、空軍、海軍のすべての兵士に言いたい君らには絶対的な権利がある犯罪的な戦争に参加することを拒否する権利がそれは君ら全員が行使すべき権利だ 自分の命を危険にさらす理由は無い 人を殺した死んだりする理由はない 利益のためにそんなことをする理由はないのだよ 我々はイラクに行った アフガニスタンに行った そしてこの戦争がどんなものかを知った 僕らが兵士になったのにはいろいろな理由がある 大学の学費を稼ぐため 仕事が必要だから 健康保険が必要だから だから軍隊に入る しかし敵は アフガニスタンの洞窟の貧しい人々だ イラクの砂漠の貧しい人々だ そんな国に行って分かるのは 他の国の貧しい人々が我々の敵ではないと言うことだ 本当の敵は私たちをクビにした連中だ 私たちに健康..

2020年1月 7日 (火)

ゆりかごから墓場?

ご安心ください・・

ちゃんとフォローいたしますって?

どうしても天下り利権ワールドを

築きたいらしい

2020年1月 5日 (日)

悩むわ・・

今年は満75歳を迎える私であります。

母は満96歳と6ヶ月になりますが、

危機を何度か乗り越え、

この度も30日間のに入院後、

自分で食事を口に運ぶまでに快復、退院いたしました。

この年齢なら再起したとも言えます。

「合わせておきたい方に御連絡を」と言われて

私は何度か目の覚悟をしたのです。

担当医も予想に反した成り行きに

「奇跡的ですね、この世代の方は生命力が強いです」

私の弟が独身の身軽さも助け、

「生き甲斐を感じる」と言いながら

病院に施設に付き添い献身いたしました。

2019年12月25日 (水)

頑張る人達?

ウキウキすような情報じゃありませんか?

少々怖いけど・・

強権的であるかどうか違いはあれど、

共産国も自称民主主義国も大差ないようです

2019年12月24日 (火)

反米・反中・反日

朝鮮人に間違えられて殺されかけた ねずまさし 氏の証言 - 読む・考える・書く
関東大震災時の朝鮮人虐殺の際、朝鮮人と間違えられて殺されかけた日本人としては俳優の千田是也氏が知られているが、もう一人、歴史家の ねずまさし(禰津正志)氏も同じような目に遭っていた。 以下はねず氏の証言。[1] 殺されかけた私の思い出=根岸八幡橋 ねず・まさし(歴史家) 大震災は私が中学三年生の頃である。私は、横浜の西南海岸にある根岸町にすむ叔父高木仁太郎の宅にいた。高木は根岸小学校のふるい教員だった。九月三日ごろになって「朝鮮人が来るぞ!」という、うわさをきいた。その夜になると町内の在郷軍人会長である、陸軍将校が青少年を集めて、「軍からの命令であるが、ただちに武装して自警団を作らねばならぬ。…

自警団と言えば西部劇でもおなじみの

パターンがあります。

リンチに向って暴走する住民を

身体を張って阻止する保安官・・・

こういう司直は少数だからこそドラマにも

なるのでしょうけど

雷同しなければ自分が標的になるかもしれないという

恐れは誰もが持つでしょうね、まして家族持ちならば・・

虐めと同根ともいえるかも

ダブルスタンダード・・・すなわちご都合主義

2019年12月23日 (月)

裁判されるなら

もし私達が法廷に立たされ事になるなら・・・

こういう方に裁かれるとすれば

あるいは納得できるでしょう

司法人らしい方ですから

2019年12月22日 (日)

人はこういう事をする

南京での出来事を数字の問題に矮小化しようとしても、

慰安婦問題・徴用工問題もしかり、

東京大空襲でも原爆投下でも

所詮人間は大義を創り出してでも

こういうことをする

なんと

恐ろしくも悲しい生き物なんでしょう